スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イモちゃん出産!

1月2日:13時入院
41週になってしまった為、管理入院。
42週までには産まないとダメらしい。
元旦夜は、私の実家で家族皆ですき焼き!
(産気づく食べ物らしい!)
御節料理も1、2日と2度楽しめたから、
思い残すことなく入院。
実家両親と、大晦日はお蕎麦を食べに行け、
元旦は初詣に行け、
イモちゃんからのプレゼントかのように、
楽しく過ごせた年末年始。

入院後はNSTでイモちゃんの心拍数をはかると、
心拍強めで、元気ですねと。

助産師の内診では、子宮口2cm、
医者の内診では、子宮口4cm、重さは3500~3700gかもと、
自然に生まれなかったら、
4日に促進剤かな?っと、コメントされた。

その2時間後、17時頃、
なんだかお腹が張ってる気がする。
これが実家で起きていたら病院に移動するのか悩むなぁと
ぼーっと考え、同室の切迫流産の妊婦さんと只管しゃべる。

18時頃、張ってるっていうより、痛いかも!?っと、
思い始め、というのも、ご飯が食べれず、
持参していたお赤飯おにぎりと、
林檎しか食べる気にならなくて。

つーくんの時も生む直前に梨を食べたなっと、よぎった。

18時40分、ナースコールを鳴らし、
痛いかも、でも、耐えれるかもっと、伝えると、
NSTを付けてくれ心拍数確認。
時折、涙が出るほど痛くなるけど、心細いからなのか?
とりあえず、旦那様に痛いかもってメールをいれる。
この痛みは、つーくんを生む時の
生まれる6時間前位の痛さかなっと、伝える。

でも、思えば、こっからが早かった。

19時30分、ベッドの上で助産師さんの内診。
実はちょっと前に、ニョロっと感じたものがあり、
微量の破水をしていたみたい。
おしるしも確認された。

助産師さんが2人がかりで診てくれているから安心しつつ、
分娩室に移動!とか、聞こえて焦る。
旦那さんが立会い希望ですが、いつ、連絡を?
と尋ねたら40分の移動時間で着くならば、
分娩室に移動する時で大丈夫とのこと。

20時、ちょっと破水していたから車椅子で分娩室へ移動。
分娩台にあがって、間もなく破水、
助産師さんに旦那様へ電話をしてもらう。

間に合うの?
間に合う程に痛さは続くの?

いよいよもって誰かの手を握りしめたい程の痛さ、
助産師さんに「痛いよっ!!」って叫んでも仕方ないっていう理性もあるけど、
痛さのピークには、何かしら叫ばずにはいられず、
井上和香似の助産師さんの手をあり得ない強さで握りしめ、
なぜ、無痛にしなかったんだという後悔が押し寄せ、

何かが出ちゃうーーーっ、もうやだーー、
しぬー、いたいー、わー、●×◆▷▽@%#◉!!、
2、3回いきんだ時に、頭でますよーっと、言われ、
頭さえ出してしまえば!!っと、乗り切り、
にゅるっと、にゅるっと、2度程何かが通過したけど・・。

オギャー、、が、聞こえないけど??
出てる?産まれてる?まだ、痛い???

すると、ほんのちょっとしてから、オギャーが聞こえた。。
安心。
終わった。。。。

「性別わかります?」
っと言いながらカンガルーケアで渡された我が子、
エコー通りの女の子で、また、安心。

ああ、痛かった。感想はこれにつきる。
感動の涙の前に、産んだ自分にあっぱれだし、
大仕事を終えた喜び、達成感等を
2度目の出産だからか冷静に考えれた。

けれども、この後も痛いことの連続。

実質、MAXの痛みは分娩室での30分だったとはいえ、

この後は・・・・
2人目の方が痛いとされる後陣痛が3時間位、
胎盤が出る痛さを産後数分(でも、もっと凄く長く感じる)、

出血多めの為、朝までお腹を冷やされ続ける冷た痛さと、
後陣痛の余波が翌朝迄(病院が鎮痛剤を渡し忘れたから)、

その他いくつかの処置と内診と。
さほど痛くないのに、敏感になりすぎて、
いちいち、痛さに叫んでしまう、、

なので、結局出産に立ち会えなかった旦那様だけど、
その後も続く痛い時にいてくれて、心細くなかったし、
痛いことから気を紛らわす話相手には最適だし、
お子さんの写真やビデオ撮りを遠慮なく頼めるし、
結局夜中の1時半頃までの4時間半、
その立会に意味があったと思う。
130101_出産直後  130101_生まれたて
(写真右は生まれたてのイモちゃん。)

日赤は夫以外の立会い分娩も可能だから、
つーくんも??って思ったけれど、
こんな痛さで、動転する姿は見せられないって、思った。
130101_体重測定 (2) 130101_体重測定

分娩時間 2時間37分
体重3230g 身長50cm 胸囲33.5cm 頭囲35.5cm

ちなみに、つーくんは、
分娩時間 9時間3分(12時間位な気も、、)
体重3454g 身長52.3cm 胸囲33cm 頭囲35.6cm

今回は傷も出来てないので、
産後も痛くてツライとかなく、順調なのかなと。

イモちゃんは、
授乳時に浅く、しかも、ちょっと飲んで寝ちゃうみたいで、
だから、腹持ちが悪く1時間おきに泣き出し、、
生後3日目の助産師さんが厳しい方で、
毎回授乳の時に、飲み方をチェックしてくれた。

「生まれて最初のお勉強は上手に吸う事だからね!
 なので、ママは、ちゃんと深飲み出来るよう、
浅い時はやり直してください。」

浅いと容赦なく赤ちゃんは飲み直しなので、
1回の授乳時に片胸だけで10回以上やり直しも・・・。
こちらも疲れるけど、今後を考えて、気長に頑張った。

1口、2口、吸うと寝ちゃうイモちゃんのホッペを、
助産師さんは、ぐいぐい、つっついていた。

ちょっとずつ食べたら満足な性格ならば、私と一緒。
つーくんは、満たされるまで、
がんがん飲んでくれていた気がする。

2人目って1人目の子のある程度成長した時の授乳の癖で
新生児に飲ませちゃうから、それは違うんだなっと痛感。
新生児は、本気で密着して飲ませないと、ダメって、、

赤ちゃんは、生後は体重が減るけど、
イモちゃんは3日目にして出生体重から1割以上減っていて
さすがに良くないから助産師さんも
チェックしてくれたんだろうけれど。

私は産後腰痛が怖いので、
産後直ぐに、とこちゃんベルトを巻き始め、
出来るだけ、赤ちゃん入れのドナドナみたいな
ワゴン(コット)への出し入れを避け、夜は一緒に寝た。
つーくんと寝るのもちぃっちゃいなぁっと思うのに、
イモちゃん、ちぃっちゃすぎ。

つぅくんの時に見逃していたかもしれない
成長の一瞬一瞬を大切に見守っていきたい。
スポンサーサイト

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
プロフィール

saiko

Author:saiko

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。