スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テールドトリュフトウキョウ 

クリスマスディナーどこにしようと、23日に思いたち、24日に予約をしたら、
最後の1席(たぶん)が取れた、ヒルズのトリュフ専門店

11月28日に、ワンダーテーブルが、モッツァレタ専門とトリュフ専門をOPENしたから、
気になっていたものの、こんなにすぐ来れるとは。
パリとニースにお店があって、日本初出店、っていうのも、魅力点。

クリスマス時期で予約者が多いため、本来個室となる奥の部屋が通常のセッティングに。
そこでご飯をいただくことにー。重厚な感じが大人な雰囲気。
そう、お店構えも、しっかり系。
入ると、トリュフ関連商品が沢山並び、それらを買うために来るのもOKとのこと。

飲み物をたのむと、最初にアペとして、
バケットの上にチーズ、そしてスライス黒トリュフ ののったものが。
粒胡椒が利いていて○。

続いてバケット
バケットと一緒に、トリュフオイル・岩塩・白粒胡椒
トリュフオイルって、他店で、トリュフパスタを食べたときにかかっていて、香り付けとして有効。
っという印象だったけれど、ここのオイルは、それだけで食べても美味しく、バケットにつけたらなお更。
胡椒と岩塩もあるから、すすむすすむ・・・・
テール・ド・トリュフ(トリュフオイル・白胡椒・岩塩)


前菜は、
ローストした北海黄金ポテト トリュフクリームソース スライスした黒トリュフ(半量)
 これ、看板メニューらしい。なので、前菜にもメインにもある。
 北海黄金芋はもっちり、しっとりで。そこにたっぷりとトリュフクリームソース。

“ビニス”ポテトのパンケーキ きざみトリュフとパンチェッタ スライスした黒トリュフ
 こちらは、もっちりしたパンケーキの中にトリュフが入ってるもの。
 パンチェッタ(豚バラ肉を塩漬けにし乾燥させたもの)も入っているはずなのに、トリュフ強め。
 いいことだけど。

そして、メイン。

仔羊のコンフィー ポテトグランタン 仔羊を煮込んだソース スライスした黒トリュフ

フランス産鴨のポアレ ポテトのガレット トリュフ入り蜂蜜ソース スライスした黒トリュフ
 鴨好きなので、即決定。トリュフ入り蜂蜜ソースは甘くて○。
 ポテトのガレットもこんがり焼かれていて、ソースに合う。
テール・ド・トリュフ(フランス産鴨のポアレ ポテトのガレット トリュフ入り蜂蜜ソース スライスした黒トリュフ)


 もう1品で悩んだ、子羊コンフィーも、フォークで持ち上げるとホロホロっとくずれるほど柔らか。
 ポテトグラタンは王道に美味しい。
 ここ、ポテト使いがうまいなー。
テール・ド・トリュフ(仔羊のコンフィー ポテトグラタン 仔羊を煮込んだソース スライスした黒トリュフ)


最後にデザート。
冷たい苺のスープ トリュフ入りリキュールの香り
ベイクドチーズケーキ 3種類のトリュフ入りジャム

 苺がたっぷりのスープ。でも、とっても、トリュフの味が。。イチゴとトリュフの不思議な組み合わせ。
テール・ド・トリュフ(冷たいイチゴのスープ トリュフ入りリキュールの香り)

 ベイクドチーズケーキは、結構レアっぽい。
 ジャムは、トリュフ入り蜂蜜(こってりめ)・トリュフ入り杏・トリュフなしベリーの3種つき。
 結構ボリュームがあって、苦しめ。
テール・ド・トリュフ(ベイクドチーズケーキ 3種類のトリュフ入りジャム)

テール・ド・トリュフ(ベイクドチーズケーキ 3種類のトリュフ入りジャム)のジャム


コースもあったけれど、好きなものを食べたいから、カルトにしてよかった~。
ちなみに、ドリンクは、

ブーブのロゼ・ポメリーのブリュット・グラス赤ワイン。
どれもとっても美味しかった、やっぱりクリスマスは泡だよね。

お土産にトリュフオイルを買ったので、おうちでも、トリュフバケットができそう~。
楽しみ~。
最近ディーン&デルーカに売ってる4000円くらいの、トリュフソルトも気になっていたけれど、
ひとまず、オイルを買ったので満足満足♪
スポンサーサイト

テーマ : クリスマスディナー
ジャンル : グルメ

全聚徳

北京ダックの老舗、全聚徳(ぜんしゅとく)についに。
チャイ好きの友達も絶賛の、北京ダックといえば・・・な有名店。

本当はフレンチの気分だったのだけれど、急遽変更。
・・・にしては、大満足。

事前に調べたところによると、北京に沢山ある老舗で、日本は銀座と新宿。
新宿も、ガヤガヤしてない落ち着いた感じ。
北京ダックを焼くための修行に5年学校に通うとか、なんか気合がすごそう。

カルトだと時間がかかるかもって言われて、
コースで頼むことに。

コースは一番安いのが6500円の鴨三昧コース。
名前からして素敵。
でも、フカヒレスープが飲みたかったから、

~ 北京料理が堪能できるコース料理 ~ (8000円)に。

まず、
五種前菜の盛り合わせ
即座に出てくるあたり、中華の冷菜のつくりおき系。お皿ごと作り置き?
っていうくらい早い。

 5品は、くらげ・ピータン豆腐・チャーシュー・牛系のなにか・塩漬け卵の家鴨モモ巻き

この塩漬け卵のまかれた料理が食べてみたかったから、満足!!

アワビ入りフカヒレスープ
 アワビ少な目。念願のフカヒレ。
 
本日のおすすめ海鮮料理
 エビの上海蟹炒め。
 エビぷっりぷっりで、餡かけに、上海蟹たっぷり。

全聚徳(海老の上海蟹炒め)


北京ダック(野菜盛り合わせ添え)
 職人が鴨と共に登場!

全聚徳(ダック)

全聚徳(北京ダック)

 まず、一番美味しい極上の胸部分の皮を3キレずつ。
 それには、砂糖をふって食べる。
 この食べ方すっごい美味しい。
 今まで北京ダックといえど、皮がキライだったのに、くつがえった。
 油がとろけるけど、カリっとしてて、でも、砂糖のジョリっがあって、芳醇な旨みっていわれるのも納得。

全聚徳(北京ダックの胸肉w砂糖)


 そして、あとは、切り落とされた身と皮を、
 ヤーピン(荷葉餅:小麦の皮)と蒸しパンとにはさんで。
 お野菜は、キュウリ・紅芯大根・貝割れ大根・サニーレタスなど。
 味付けは、テンメンジャン・揚げにんにく・揚げ春巻きの皮
 
 色々あるので、味にバリエがでて、食感も楽しめて、すごっく楽しい。

全聚徳(北京ダック1p)



旬野菜料理
 豆苗の塩味炒め
 さっぱりで、おいしい。

雪菜と家鴨のつゆそば
 太めの手打ち麺に、鴨と雪菜がたっぷり。
 スープは白濁系だけれど、さっぱりめ。小盛りでちょうどいい。

自家製デザート
 杏仁豆腐。
 私には普通なテンションな感じ。


量的には、よく食べる人には物足りないかも。
でも、私は、飲んでたし満足。
紹興酒がクーポンのおかげで、グラス1つもらえ、
あとはワインの気分だったので、ワイン。
泡ものは、シャンパンはボトルのみで、グラスだと、グリーンポインドだった。
ちょっと、甘かったかな・・・もっと鋭くてもよいかも。


ともあれ、ここは、リピートしたい、お店。
北京ダックのために行ってもいいかも。
1匹4-5人用だから、2人とかで食べたらそれだけで満腹になりそうだし。


テーマ : こんなお店行きました
ジャンル : グルメ

The Ritz Carlton

リッツカールトンでのクリスマスパーティ。
相当期待。そして、期待通りの素敵さ。

どれもこれも写真に収めたくなったけれど、
デザート類のみ。

ショートケーキ
Ritz(ショートケーキ)
モンブラン
 (こういうすくって取るタイプってすき。渋皮栗もこんもり。栗ねらいウチ、、)
Ritz(モンブラン)HP
カップデザート
 (マンゴプリン、パンナコッタ、バニラプリン、チョコプリンなどなど、
  どれもこれもなんちゃってじゃなく心底美味しい。)
Ritz(マンゴプリン・パンナコッタetc)
ロールケーキ
 (しっかりイチゴ入り。リッツのRoleなら試さないと・・・案外普通かも。
Ritz(ロールケーキ)
タルレット
 (イチゴ・マンゴ・ブルーベリー。盛り付けがかわいすぎ。)
Ritz(タルトレット)

なにより、途中でちゃんと補充されること。
その補充がまた、種類が違うものがでてくるの。
出来立てが美味しいブリュレ
 大好きな表面のカツカツ部分すくい放題。

クリスマスちっくにシュトーレン
 ちゃんと、マジパン入り、マジパンも日本人テイストに食べやすく、しっとりめ。
焼き菓子は、クリスマスらしく、ツリー型のクッキーやら、バニラキプフェルやら。
クリスマス盛り合わせプレートはこんな。
Ritz(シュトーレン・バニラキプフェル・クッキー類・クレームブリュレ)

びっくりしたのは、紅茶。
こんな風に選べるの。
おかげでちょっと混んでいて、私はコーヒーにした。
Ritz(紅茶)

お料理に関しては、出来立てカットコーナーがやっぱり素敵。
ローストビーフ
 普段、お肉って興味低めだけれど美味しいと評判なので食べてみた。
 照り焼きソースと赤ワインソースが選べ、
 ホースラディッシュ・マスタード・わさび・しょうゆ・大根おろし なども色々チョイスできる。

サーモンのグリル
 アメリケーヌソースとオリーブソースが選べクスクス付き。
 横のパエリアもしっかり美味しい。

チーズリゾット
 チーズの器の中で作るもの。

生ハム
 目の前でスライス。生ハムの種類も豊富。

さすが、リッツ。

お土産は西光亭のクッキー。
1度食べてみたかった。
パッケージがすっごく可愛いし。(クリスマス仕様)

テーマ : クリスマスに向けて
ジャンル : グルメ

刀削麺

12月23日公開のティンカーベルの試写会を見て、
その後の、ランチに・・・・っというわけで、台湾担仔麺に。

最近、台湾料理が食べたくて、特に、魯肉飯(ルーローファン)。
ご飯の上に、甘辛く煮た角煮がどーんと、煮卵つきで。
参考サイト

なのに、見つけたお店はCLOSED.
またもや、私の突撃訪問だとCLOSED率高いのが明らかに。

でも、目線上に、「刀削麺」が。。
一緒にいた人が、刀削麺好きなので、そちらに行った。

メニューを開いたら、「激辛 牛肉麺」が新作らしい。
辛いというだけで即決。それに。

刀削麺(牛肉麺)


でもね、出てきたものは、ラーユがたっぷり。
おそらく、表面から汁深4cm位ラーユなんじゃ??ってかんじで。
小皿をもらって、ラーユをすくい出しても出しても、まだまだ、ラーユ。
どれだけ、ラーユ漬けなの?って感じで。
ラーユをとったら、汁がほぼなくなり、それでもよいので、厨房から唐辛子をもらって、
味を作りなおした。

そのままで食べえると辛くて美味しいけれど、とにかく、ラーユ強すぎて、口ぬるぬるー。
そんなの求めてないし・・・

牛肉は、ほっこり柔らかで、上に辛いお味噌がかかっていて。
このお味噌をもっと増やすか、どうかしてくれたら、もう少し食べがいがあったのに。


そして、食べ初めて思ったのが、刀削麺はやったら麺が多い。
グの割りあい間違ってるだろーってくらいに多い。
食べても食べても減らないし。ま、きっと、麺を楽しむ料理なんだよね。
最後のパクチーなんて、指くらいの長さしかないのを1本食べつつ、麺を2,3本すする感じ。
もっと、グを!!!!!

3年ほど前に食べたとき、ランチではなく、ディナーで食べて、おかず料理をグにしよう!!
っと堅く決意してたのを思い出した。
しかも、シェアで十分。

っという、女子的コメント。

結局残しちゃた・・・

今後は、量と、辛さの素がラーユか否かをチェックして刀削麺は食べようっと・・・。


相手の、ネギチャーチャーシューは酸味もあって、タイっぽい味だった。
激辛牛肉麺のあとだと、驚異的にマイルドでやさしいかんじ。

************************

映画「ティンカーベル」はとっても、可愛くていいけれど、
おこちゃま映画だった・・・試写会で見る程度でよかった・・・
おこちゃまは楽しいだろうし、その心は忘れたくないし、実際自分は結構楽しかったけれど。
「 め る へ ん 」 ってかんじ。

テーマ : アジアンエスニック
ジャンル : グルメ

小笠原伯爵亭

事務所のクリスマスパーティーは毎年恒例の小笠原伯爵亭。
ここ洋館をまるごと使ったレストランで建物がすっごくかっこいい。
お庭も綺麗で、挙式設備としても最高だと思う。

クリスマスパーティーなので、立食スタイル。
モダンスペイン料理なので、お料理は全部ピンチョススタイル。
ぼーっとしていても、店員さんが、次々と一口サイズのお料理を運んでくれる。
いい形式のパーティー・・・っと毎年、主催側なのに思える感じ。


今回のメニューは以下。

Aperitivos
ソブラサーダソーセージとイディアサバルチーズのトースト
メロン・コン・ハモン
ピキージョピーマンとすみいかのタルト
チャングロ いくらとキャビア添え
茸とクリームチーズのプチシュー
オリーブ、林檎、ドライナッツのサラダ
アボガドのタルタル クーリードトマト
じゃがいもとパプリカのスペイン風オムレツ
モッツァレラのエスプーマとセロリのジュレ
海老のタルタルとミニトマト
鱈のクレモッソとほうれん草のエッセンス
スモークサーモンのパルフェ
エスカリバーダのコカ

Sopa
生ハムのコンソメ“ホセリート” ビーツのボール添え
たらば蟹のカダイフ巻き
まこがれいのプランチャ 茄子のムースとトマトのフィルム
甲いかと甘えびのアリオリのアルボンディガ

タラバ蟹
小笠原伯爵亭(たらば蟹のカダイフ巻き)


Carne
牛ほほ肉の赤ワイン煮込み 新じゃがのピュレ
牛肉とアスパラガスの串焼き

牛肉
小笠原伯爵亭(牛ほほ肉の赤ワイン煮込み 新じゃがのピュレ)

Grill
特選和牛サーロインのグリル
筑波産茜地鶏のグリル
季節野菜のピンチョ           

Arroz
魚介のパエーリャ

Postre
マロンカシス
紅茶・洋ナシ・アングレーズクリーム
ライチと薔薇のマカロン
リンゴのタタン
焼きガナッシュ
季節のエラード
季節果実のピンチョス

いろいろ
小笠原伯爵亭(季節果実のピンチョス、焼きガナッシュ、季節のエナード、マロンカシス)

りんごのタタン
小笠原伯爵亭(りんごのタタン)

マカロン
小笠原伯爵亭(




前菜あたりは、クライアント対応もなく、順調に食べ進んでいたのに、
後半、クライアントがスモーカーなため、屋外のテーブルで話していたら、
多少、まわってくるお料理が少なくて食べ損ねたものも・・・・
ああ。悔しい・・・・(っていっても、食べるために行くわけじゃないんだけれど、私達は。)

毎回のことながら、お庭の巨大パエリアパンで作るパエリアは具沢山で美味しく、
ステーキ系も、とってもいいかんじ♪
ステーキ系は1皿に、数種類のお肉と野菜を乗せてくれる。
赤ワインが飲みたいなーってつぶやけば誰かが持ってきてくれる。
すばらしー至福のひと時♪

小笠原伯爵亭(魚介のパエーリャ)


いつかは、普通に来店して着席して、こちらのお料理を楽しみたいなー。
モダンスパニッシュ?素敵なジャンル。

テーマ : 特別な日のお料理(行事・お祝い・季節ごと)
ジャンル : グルメ

ニルヴァーナ・ニューヨーク

都内で好きなカレー屋さんといえば、ニルヴァーナ・ニューヨークシターラか・・・・

ベジタリアンな気分なら、絶対、ナタラジ

という、お気に入りがあって、2005年ころインドカレーを克服し、
2006年にインドに行けるようになって以来、本当にインドカレーが好きになった。

久々にこれらのどこかに行きたいなって思っていたら、
ミッドタウンのイルミネーションが凄く綺麗らしいとの情報。
毎日通勤で通っているけれど、じっと足をとめてみるでもなく、
お庭では30分に1度流れ星のイルミネーションまであるっていう・・・・

っていうわけで、ニルヴァーナ・ニューヨークに。
ここは、ミッドタウンの中でも数少ない夜景の綺麗なレストラン。
夜景っていっても、高層ビルじゃないから、お庭が見えるという意味。

前回はコースだったけれど、今回はカルトで。

まずは、乾杯のキールキールロワイヤル
ここは、ラッシーカクテルとかインドテイストもいれつつ、
普通のカクテルの種類もすっごく多い。

そして、お通しが、
パパドゥ(お豆を乾燥させて薄くパリパリにしたもの)が2種と、
それにつける、
マンゴチャツネ・ココナッツペースト・バジルペースト・???(塩辛いチャツネ)
の4種がでてくる。

この4種、すぐなくなっちゃうから、前もおかわりを貰い、今回も・・・
っていうことは、もしかして、パパドゥもいくらでも貰えたのかも。
粉ではなく豆でできてるから、安心して無限に食べれるのに、遠慮してたかも。

さておいて、いよいよ前菜。
前菜6種盛り合わせ
 相当美しい盛り付けONガラスのお皿。
 ・カブのカチュンバルサラダ
   きゅうりも入ってて酢の味。
 ・パニールパコラ
   チーズをフライにしてソース付き。
 ・茸と九条ネギのマリネ
   これ、一番インドっぽくない。
 ・ホタテのグリル
   スライストマトの上に、タンドールされたホタテがON.
 ・くわいのココナッツマリネ
   これすっごい美味しい、クワイのシャキシャキとココナッツのショリショリが○。
 ・里芋とごぼうのマサラ
   変形きんぴら?ちっくな見かけとウラハラに、マサラの味で、しっかりインド。

ニルヴァーナNY(6種の前菜盛合)


続いてサラダ
 ロメインレタスのシーザーサラダとカジキのティッカ添え 
  カジキのティッカ(インド風BBQ?)が添えられてなければ普通のシーザー。
  もっと、ハーブスパイスとかふっちゃってもいいのに。

メインは勿論、タンドール料理。
2種を盛り合わせにできるらしく(ハーフ&ハーフ)、

ジューシーで柔らかなオーストラリア産骨付き子羊ロースのタンドリーラム
サフランに溶け込んだ香ばしいキングサイズの海老のタンドールバーベキュー

  エビはぷっりぷっり。関節の間にも味がしみこむかんじ。
  そしてジューシー。
  ラムとフィレポークと悩んだものの、ラムにしてよかった。
  やわらかくって、ふんわり。タンドリー加減が最高。

ニルヴァーナNY(ジューシーで柔らかなオーストラリア産骨付き子羊ロースのタンドリーラム&サフランに溶け込んだ香ばしいキングサイズの海老のタンドールバーベキュー)


っと、ここで相当おなかはいっぱい。
でも、メインはタンドリーではなく、カレー?

北インド、南インド、ベジタリアンっと3分類されていて、
 スパイシーなチキンとパプリカのセミドライカレー
 しめじ茸とかぼちゃのカレー


ニルヴァーナNY(しめじ茸と南瓜のカレー&スパイシーなチキンとパプリカのセミドライカレー)


 両方とも、★2つの辛さ(ここでは辛め)だけれど、マイルドかな。
 南瓜の方は、南瓜だし、野菜だし、本来甘めになりそうなものを敢えて辛く作ってる。
 でも、チキンよりは、全然辛くなくとってもやさしい感じ。
 安いカレー屋さんにいくと、味のアレンジをしたくて、香辛料かけちゃうけれど、
 ここは、洗練されたカレーすぎて、そのまま頂く。

で、ナン。
ここのナンの種類はすっごい。
 プレーン ・ チーズ ・ ガーリック ・ ナッツ&レーズン ・ スペシャルチーズ  と5種類。

今回はスペシャルチーズ と ナッツ&レーズン
 スペシャルチーズは、スカモルッツァチーズが間にサンド。
 プレーンが450円なのに、950円もするだけあって、これだけで美味しい、本当にスペシャルナン。
 ナッツ&レーズンは前回に続き今回も。
 生地全体にナッツがごろごろ。
 レーズンはしっとりジューシーに絶妙に生地の間にはいってるの。
 だから、こんがり焼かれたナンだけれど、レーズン部分はカリ焦げにならず、しっとりのまま。

 なんちゃってで味の種類が多いのではなく、ここのナンは本気で作ってるのに、
 色々バリエがあって、あきさせない。

ニルヴァーナNY(SPチーズナン)

写真じゃ伝わらないけれど、中からチーズたちがトロ~って。
香りも最高によくて。コレ、最初からオーダーして、お酒飲んでもいいんじゃない?っと。

 
 そう、ナッツ&レーズンは南瓜カレーとの相性の良さにびっくり。
 っというか、見事に私の好みのコラボだった。
 もう、これだけの為に来てもいいかんじ。

 南瓜カレー2200円?に、ナッツ&レーズンナン550円?で、
 3000円で、マイお気に入りカレーが食べれるなら、かなり幸せ♪


そして、最後は苦しくて、赤ワインを追加して、押し込むように食べた。
   でも、幸せ~~~。

ラストはクルチャ
インドのアイス。
マンゴ味と悩み、ラムレーズン味にしたら、
これまた、フレッシュでジューシーなレーズンがたっぷり!!(クルチャの中に見え隠れ)
ベースのクルチャ(ミルクの強いアイス)も、さっぱり感がいい。
フルーツもクッキーも添えられていて、とってもいいデザート。

ニルヴァーナNY(ラムレーズンのクルチャ)

 
本当はケーキとチャイで締めくくるはずが、さすがに満腹。
アイスでちょうどいい。

飲んだのは、グラスのワインたち。泡に白に赤に赤に・・・・・。



南瓜としめじ茸のカレーは限定だから、もう1度こないと・・・・
そして、ナッツ&レーズンナンはクルチャ(アイス)とも合いそう。


2002年に元祖ニルヴァーナはアメリカで閉店し、ミッドタウンで復活しているわけですが、
ぜひ、つぶれずに、いてねっと思うレストラン。
あえていうなら、サービスがのろい・・・出てくるのに時間がかかる・・・
コースのときは感じなかったから、カルトになれてないのかも。
出てくるのが遅いと、どんどん飲んでしまうので、飲みすぎに注意っ!!!!
(カレーだと飲まずに食べれそうだけれど、ここは雰囲気もよく、ワインがすすむから・・・・。)

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

カトレア

元祖カレーパンのお店カトレアに。
森下の駅すぐ。

普通のパンやさんなのに、結構混んでて、
私たちが4人連れで入ったこともあり、てんやわんや・・・

狙いのカレーパンはお土産用。

カトレア(カレーパン)


あと、皆で食べるように、
1g2円の、ブタまんパン(ミニブタマンを揚げて焼いたかんじ)とミニチーズをころころと。

カメリア(豚まんパン&プチチーズ)


どれもこれも美味しい~~。
友達の買った「深川あんぱん」は贈答用になるのが納得の美味しさ。
一見普通のデニッシュ生地で包まれた餡パンなのに、
中には福豆がほっこりはいっていて、焼いても美味しそうだけど、そのままでもOK.

もっと他のパンも試したくなり・・・


カレーパンはトースターであたためるとカリサク。
そして、全然あぶらっぽくない。
(多少はアブラでるけど)

具もぎっしりでいい感じ。
これは、はまりそうー。
後から、知ったこと:辛口っていうのもあったらしい。そっちが、より食べたかったなー♪

テーマ : パン
ジャンル : グルメ

ル・パティシエ・ヨコヤマ

千葉にある、ル・パティシエ・ヨコヤマ

今はなき、テレビチャンピオン洋菓子選手権でチャンピオンになった
ヨコヤマパティシエのお店。
ヤフーで「ヨコヤマ」で検索すると最初にヒットするし、さすが。

そう、来店して、フレッシュケーキ(シュークリームが、とくにっ)を食べてみたいのだけれど、
千葉までいく気力もなく、なかなか行けてない。

が、製菓学校時代の友達が働いていて、
彼女とご飯をするとき、大抵いくつか持ってきてくれる。


今回とっても感動したのが、
岩シューラスク
ヨコヤマ(岩シューラスク)

 ここの名物シュークリーム(これが、食べてみたい!)の「岩シュー」をラスクに。
 シュー皮ってもとから軽いから、さらに乾燥すると、パリサク。
 くぼみにアイシング系がたっぷり入るので、甘みは強く、完全にお菓子。
 ラスクを朝ご飯にする私にとって、甘甘モーニングになっちゃう・
 
 でも、絶品!!!他のケーキ屋さんも見ならってほしい。
ヨコヤマ(岩シューラスク)up


イチゴミルククッキー
 イチゴ果汁とドライ苺をミルク風味で焼き上げたフルーティーなクッキー。
 見た目のピンクっぷりも可愛く毎回お願いしちゃう子。
ヨコヤマ(いちごミルククッキ)


チョコチップクッキー
 バタークッキーにココナッツとチョコチップを加えたクッキー。
 クッキーって淵がすき、こんがり、かりかり。
 全体的にサクサクでチョコもたっぷりめ。
 ココナッツはあまり感じないかな。

ヨコヤマ(チョコチップクッキ)

このほか、貰ってすぐ食べたため写真がない、
アンジェ
 一見普通のシンプルで真っ白いパウンドケーキに見えるのだけれど、
 食べてみてその口どけにびっくり。
 どうやら、メレンゲで作っているのだそう。

集合写真

ヨコヤマ(チョコチップクッキ、いちごミルククッキ、岩シューラスク、フィナンシェ)



テーマ : これは美味い!!
ジャンル : グルメ

ウルフ・ギャング・パックカフェ①

世の中の全ピザのランキングをつけたら、
ベスト3に入るであろう、
ウルフギャングパックサーモンピザ

かつて、チーズ嫌い時代にも、これはOKですっごく感動した覚えが。
というのも、このピザはチーズがなくて、
薄い生地に、ディル(西洋ういきょう)を加えたサワークリームをたっぷりぬり、
その上に、こんもりサーモンを乗せたもの。

今は、もう、チーズ克服したけれど、
サーモン×ディル×サワークリーム のコラボった味、最高!!!

ウルフギャング・パックカフェ(サーモンピザ)


これのために、ウルフに行ったのだけれど、今回は他に。

シュリンプミックスコブサラダ
 カットしたロメインレタスに色とりどりの具材をトッピング。
 エビ・トマト・アボガド・ブルーチーズ・卵などなど。
 カリフォルニアでは定番のランチドレッシング。

ウルフギャング・パックカフェ(シュリンプミックスコブサラダ)

ベビーパックリブ オリジナルバーベキューソース
 フレンチフライとコールスロー添え
 なにがベビーなんだろう?リブの中ではベビーなのか。
 肉レベルの低い私にはいまいち分からないけれど、凄いボリュームのあるリブ。
 3人で6分割にして一人2本ずつくらいついたけれど、大満足の食べ応え。
 オリジナルバーベキューソースが程よく甘くて。
 フレンチフライは好みの細ギリカリカリタイプ。
 コールスローも、さっぱりおいしかった。
 3人とも、ケンタのコールスローのせいで子供のころはコールスロー嫌いだったよね。
 っていう会話になるくらい。
 こういう美味しいコールスローを食べていたら・・・・

ウルフギャング・パックカフェ(ベビーパック・リブ)


デザートピッツァ
 洋ナシがたんまり。アイスが乗っているのかと思ったら、クローテッドクリーム。
 おかげでのんびり食べても溶けないの。
 このアイディア、他も見習って~~。ピザのソース使いがうまいのかっ???
 シナモンふってあって、いいかんじ。

ウルフギャング・パックカフェ(デザートピザ)

飲み物はワイン。
 フェア中でボトル2000円。やすいっ。
 そして、最後はスパークリングワイン。
 友達のアマレットビアもデザートにぴったり。
 自家製レモネードもさっぱりでよかった。

また、すぐにでも、サーモンピッツァ食べに行きたいなー。
サイズも2種展開になったので、気軽にいけそう。

テーマ : これは美味い!!
ジャンル : グルメ

le bilboquet①

やっと赤坂のビルボケにいけた。
カフェだけれど、しっかりランチがあるらしい、っと聞いていて。
(夜もOKな使い勝手のよいレストランっていう認識)

頼んだのは、ランチプレート。
サラダ・にんじんサラダ・テリーヌ・キッシュ・豚のタルトorローストポーク・バケット
コーヒーor紅茶   で1000円。

豚のタルトをチョイス。

出てきたのはパイの上に挽肉、スライストマトでオーブンで焼かれたもの。
そして、テリーヌが苦手につき、(鶏と豚のレバーのテリーヌ)、
変更してもらったら、悩んだローストポークがついてきた。
(量的にテリーヌでもポークでも差異はなさそうだけれど、差額100円)
ローストポークもしっかりおいしくて、豚のタルトと比べがたいかんじ。

キッシュはハム入りの王道のものだけれど、
クリームシチューっぽくて、とろんとした感じ。

バケットもおいしくて、サラダも添えてある以上にしっかりあり、大満足。
うわさ通りいい感じのお店だった。
夜も気になるなー。

ビルボケ(本日のプレート)

テーマ : Lunch♪
ジャンル : グルメ

マキネスティ

【閉店】
近所のコーヒーの美味しいマキネスティに。

テラスも数席あったけれど寒いので店内に。

相手には、食べたかった、エッグズベネディクト を食べてもらう。
かなり時間がかって出てきたのがコレ。
思った以上にすごい。
2種乗っていて、ちゃんと味違い、1つはサーモン&アボガド、1つは厚切りハム。
それぞれ、温泉卵がのり、ソースもたっぷり。
そえられた人参サラダには、クランベリー&ナッツがごろごろあえてある。
ポテトサラダも粒マスタード味で、文句なしっ。
カットオレンジ付き。
これで確か1300円くらい、安いと思う。

マキネスティ(エッグベネディクト)

思い切って卵をカットしてみると、ベストなトロリン具合。
オランデーズソース(卵黄の黄味)とも、合う!!!

マキネスティ(エッグベネディクトcut)

私は、マフィンとドライカプチーノ。
マフィンの味が、クランベリー&クリームチーズだったから。
クリチの量が少ないのが残念だけれど、アブラ(バター)っぽすぎず、
アメリカンカントリーな感じで美味しかった。
ぼそぼそって感じ?がカプチーノにも合うし。

カプチーノはドライとウェットとあって、通常よく飲まれるのはウェットらしい。
ドライだと、エスプレッソを注いだ上に、混ざらないように、スチームのミルクの泡を乗せる。
それを、混ぜつつ楽しむものらしい。

マキネスティ(クランベリーマフィン&ドライカプチーノ)

普通に、カフェラテはこれ。
大きめサイズ。
軽食を頼むと、ちょっと割安でドリンクセットになるみたい。

マキネスティ(カフェラテ)

もう、すぐにでも、この、エッグベネディクトを食べに行きたい!
待たされるっていうのも、分かっているから、もういくらでも、待つよーって感じで。。
店内には、色々な雑誌があるし、二人でキリモリ営業だもんね、待つ待つ♪
でも、隣のカップツの、クラブハウスサンドやパストラミサンドも驚異的に美味しそうだった。
2人で違う種類を分け分けしてて、、ナイスカップルすぎっ!!!!

テーマ : コーヒー
ジャンル : グルメ

ブエナ・ガーデン・カフェ

【閉店】
ヒルズに最近できたラテン料理のお店
毛利庭園に面しているから綺麗な夜景が見えそうって思ったのに、
予約席&喫煙席のおかげで店内内部。
でも、カーテンでしきられた半個室っぽいところで居心地がよかった。
最大6-8人まで入れる空間に2人でのびのび。

メキシコワイン(シャブリ)を頼み、
サービスのチップス(サルサ・カレー味サルサ付)を食べる。

ブエナガーデンカフェ(サルサ&チップス)


オーダーは、
タパス3種盛り サボテン入りピクルス
 牛ほほ肉のマスタードソース
 シーフードのマリネ オーロラソース
ブエナガーデンカフェ(サボテン入りピクルス・牛ほほ肉のマスタード和え・シーフードのオーロラマリネ)

 
牛ほほ肉とシーフードは本日のタパスっということでチョイス。
少ない量に見えるけれど、ちょっとずつつまむには十分。
サボテンが美味しくてもっと食べたかったなー。

タコス ビーフ 隣の人のタコスが美味しいそうで。
 ビーフかチキンなので、ビーフ。
 ドライとソフトの2種のタコス皮つき。
 アボガド・ミート・チーズ・サルサ付。
ブエナガーデンカフェ(タコスbeefの具)

 これらの味付けは相当マイルドで、卓上のタバスコ2種は大活躍。
 子連れで来るお客もいたし、味は全般にマイルド仕様みたい。

 (肝心のタコス皮を写し忘れ・・・)

〆に
焼きそば サルタード 
ブラジルの醤油「サクラ醤油」を使った海鮮やきそば。
 人数がいれば、パエリアもいいけれど、2人なので、焼きそばに。
 これが、ラテンの国の焼きそばかー。?。

ブエナガーデンカフェ(サルタード)


ランチで、お庭を眺めつつのんびりしたい感じなので、また来てみよう♪

テーマ : おいしいお店
ジャンル : グルメ

MOCHI CREME

一時はやった、モチクリーム。
今でもはやってるのかな?
最近渋谷の東急プラザ店は閉店してしまったけれど、銀座松屋にはまだあるから、
大丈夫かな・・・・

っと、11月の、とある日にふらっとよったら、
「南瓜セレクション」
なるものが。

いかにも、ハロウィンの売れ残りだよなーって分かってはいても、
南瓜といわれたら食べずにはいられない。
ちょっと悩み購入。

6種入って1200円。
ちょい高めの限定品。

MochiCreme(南瓜コレクション)

勿論全部南瓜入り。
南瓜豆乳・南瓜ブラッドオレンジ・南瓜チーズケーキ・南瓜トマト・南瓜モンブラン・南瓜プリン
どれもこれもおいしそ~~。


さっそく、2個食べてみる。
豆乳:抹茶色の餅皮の中に、南瓜、センターに豆乳クリーム。
    豆乳の味って難しい。ヘルシー感はあるけれど。
プリン:カラメルがとろ~~っと。間違いない美味しさ。(写真奥)

MochiCreme(南瓜コレクションの豆乳&プリン)

このこたち、冷凍保存ができるので、残りはしばし冷凍。
次なる限定品はクリスマスを意識した、ケーキセレクション。
モチクリームがんばるなぁ。
いい加減オフィシャルサイトも、作ってほしい。
(↑今は、ファンによる、サイトのみ。)

テーマ : おすすめスイーツ♪
ジャンル : グルメ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
プロフィール

saiko

Author:saiko

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。